かぐらかのん

心理学関連書籍、ビジネス書、文芸書の書評などを書いていきます。

集中力と低GI食品

 
 
GI値というのをご存知でしょうか?GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、ある食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードをいいます。
 
主にダイエットやグルコーススパイク予防などで注目されるGI値ですが、実は「集中力」とも深い関係があるようです。
 
集中力の源泉である前頭葉ブドウ糖をエネルギー源としており、集中力と血糖値は密接な関係にあります。
 
******
 
体内に摂取された糖質は小腸でブドウ糖に分解され血液中に現れます。そして、血糖値が上昇する時、インスリンの作用によりブドウ糖は臓器のエネルギー源として使われ、その余剰分は脂肪細胞に蓄えられます。
 
人が高い集中力を維持できるのは血糖値が上がっている最中です。血糖値上昇がピークを超えてしまうと集中力も下がってきます。
 
血糖値が下がると、体温調整や呼吸といった生命維持活動ができなくなってしまう為、とりあえず生存に直結しない前頭葉や大脳皮質の活動を低下させてしまうからです。
 
******
 
この点、GI値が低い食品ほど血糖値は緩やかに上がり、緩やかに下がります。なので、別に太ってもないし生活習慣病を気にする年齢でもないという方でも、勉強や仕事のパフォーマンスを上げる意味で低GI食品はおすすめということになります。
 
参考までに白米はのGI値が84に対して五穀米は55、発芽玄米は54です。 いきなり玄米とか無理でも、さしあたり野菜や肉から先に食べてご飯は後回しにする食べ方の習慣づけから始めるののいいかもですね。