かぐらかのん

日々のくらしのメモ帳です\(^o^)/

経口補水液ってどうなの?

 
 

 

今日は二十四節気の「大暑」ですので「水」に関するおはなし。
 
最近、熱中症対策アイテムとしてよく店頭で見かける経口補水液ですが、常飲していれば熱中症予防になるのか?というと、結論から言えばならないんですよ。
 
経口補水液というのは、通常のスポーツドリンクよりも浸透圧が低めで、かつナトリウムイオンなどの電解質濃度が高く設定されてます。
 
これは水分や電解質が不足している脱水症状時においては速やか水分と塩分の補給に威力を発揮します。けど普段、水分補給として常飲するのは不適切。ただの塩分の摂り過ぎということになります。
 
普段の水分補給は普通の水か、ハイポトニック系飲料が適切でしょう。この点、ポカリやアクエリアスなどの「スポーツドリンク」は浸透圧が体液とほぼ同値のアイソトニック系飲料に分類されます。これに対して、ハイポトニック系飲料というのは浸透圧が体液より適度に低く、より水分補給に特化しています。
 
例えばポカリはポカリでも「ポカリスエットイオンウォーター」なんかはハイポトニック系飲料になります
 

 

 
けど、お酒をたくさん飲んだときは経口補水液がオススメみたい。
 
飲酒した後は脱水状態になりやすいんです。ただでさえ飲酒は利尿作用を促進します。さらにその上、肝臓でアルコールを分解する為に、大量の水分を必要とします。そして、水分が失われる時、電解質も同時に失われます。
 
なので飲んだ当日の寝る前や起床時に、脱水気味だと感じた場合などは、水分と電解質を素早く補給できる経口補水液の摂取は適切な選択とのこと。
 
実際、お酒を飲んだ後や翌朝に試しに経口補水液を飲んでみると大概、美味しく感じるんですよ。これは要するに体内から水分と電解質が失われているからなんでしょう。
 
けどこの時もがぶ飲みするんじゃなくて、少しずつ飲むのがいいようです。塩っぱいと感じたら電解質が足りてきているので、後は普通の水か、ハイポトニック系飲料での水分補給に切り替えた方が無難なようです。
 

冷製パスタの簡単レシピメモ

f:id:kagurakanon:20170718232709j:image
レジスタントスターチというものをご存知でしょうか?
 
レジスタント」=「消化されない」、「スターチ」=「でんぷん」で「難消化性でんぷん」のこと。
 
ご飯や麺類のでんぷんが冷えると一部がこのレジスタントスターチというものに変化します。
 
これは食物繊維の一種で不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の特性をあわせ持っています。
 
多糖類であるでんぷんは通常、小腸で単糖類のブドウ糖に分解されて吸収され、血糖値を上昇させますが、レジスタントスターチは酵素分解されにくく、血糖値の上昇を抑制します。
 
そして消化されずに大腸までたどり着いたレジスタントスターチは善玉菌のエサとなり腸内フローラ安定に役立つとのこと。なんだかいいことづくめですね。
 
そういうわけで、最近は冷製パスタの味付けを研究中。めんつゆ、ポン酢、マジックソルトなど、色々と試行錯誤しています。
 
参考までに、柚子胡椒冷製パスタの簡単レシピメモです。
 
 
材料
 
・パスタ・・・100g
 
・☆オリーブオイル・・・大さじ1
 
・☆お酢・・・大さじ1
 
・☆昆布だしの素・・・小さじ1
 
・☆柚子胡椒・・・小さじ1〜2
 
・ツナ水煮缶・・・0.5缶
 
ミニトマト・・・4個くらい
 
・オクラや大葉などをお好みで。
 
作り方
 
①お湯を沸かし、塩を適量入れて、パスタを茹でる。塩は1Lの水につき10gが目安。
 
②その間にトマトや野菜を切る。
 
③パスタをザルか何かに引き上げる。水気は切りすぎない。
 
④☆とトマトとツナと野菜を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やして出来上がり\(^o^)/
 
 

エロマンガ先生最終話における「芸術の論理」と「去勢の論理」

 

エロマンガ先生の最終話において、沙霧ちゃんの書いたエロマンガの局部描写にはモザイクがかけられており、ムラマサ先輩の書いたミケランジェロダビデ象は無規制であったという問題です。
 
結論からいえばこれは社会常識的に妥当な処理でしょう。しかしながら何故これを大多数の人がこのような処理を「妥当」だと感じてしまうのか?というその理由を色々と考察するのはそれなりに面白いものがあります。
 
まず、上記リンクが言及しているように、ミケランジェロダビデ象は「芸術作品」であり、沙霧ちゃんのエロマンガはただの「ポルノ」だからという理由。
 
これを仮に「芸術の論理」と名付けます。そして上記リンクはそのような区別は「芸術カースト」だと批判しています。
 
論理としては大変明快です。ただ、ここでの規制基準は「芸術の論理」ではないんだと思うんですよ。どうしてもそれだけでは回収しきれない要素があるからです。
 
沙霧ちゃんのエロマンガミケランジェロダビデ象の間には、あるシークエンスが何気に挿入されていますよね?
 
めぐみが弟(幼児)をモデルにして描いた裸体図です。
 
めぐみの絵にはモザイクがかかっていない。いや、もちろん局部はマサムネの頭の位置でごく自然に見えないんですが、モザイクという「処理」で「露骨に隠されていない」という点が沙霧のそれと異なっています。
 
そして何より、めぐみの絵は主観的には20歳の成人男性を描いていることになっています。
 
ここに、割礼を得ていない=去勢されていない成人男性という点でダビデ像との間に共通項が得られるわけです。
 
以上のような対置構造から、沙霧ちゃんのエロマンガの規制理由が反射的に浮かび上がってきます。
 
お分かりでしょうか?結論から言えば、この区別は「去勢の論理」によるということです。
 
ここでいう「去勢」とは精神分析的意味での去勢であり、ジャック=ラカンの定義で言えば「現実的父を動作主とする想像的対象の象徴的負債」のことを言います。
 
なかなか難解な定義ですが、要するに子供が母親(養育者)と近親相姦的に欲望し合う関係を父親(第三者)によって禁止されている状態を言い表しています。
 
ここで子供→沙霧ちゃん(=製作者)、母親→視聴者、父親→社会倫理と置き換えてみます。すると、どうなるか?
 
まず沙霧ちゃんはエロマンガ(の局部描写)を見せて、視聴者を欲望させたいわけですが、視聴者の欲望は社会倫理に統制されており、沙霧ちゃんが視聴者を欲望させようとすれば、必然的に社会倫理との間で緊張感を孕むことになります。
 
結果、沙霧ちゃんは、原作や円盤の売り上げとかアニメの2期などといった生存戦略(現実的父)の必要上、自らのエロマンガ(想像的対象)にモザイク処理(象徴的負債)を施し、視聴者を欲望させることを断念せざるを得ないという関係が成立します。
 
去勢の論理というのは突き詰めて言えば父親(=社会倫理)による享楽の独占であり、もっと言えば「お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの」というジャイアニズムに他ならないのですが、これは表現規制をはじめ、社会のあらゆる至る所にわりと潜んでおり、それが「公共の福祉」などといった、もっともらしい言葉を伴って巧みな形で現前しているわけです。
 
エロマンガ先生の最終話は、この表現規制に内在する「去勢の論理」という問題を端的な構図で見事に暴き出しており、そういう意味では高く評価されるべきであると思います。
 
 
【追記】
 
 
ご指摘の通り、最初の文章が言葉足らずでした。意図としては、モザイクという処理の有無で切り分けたつもりだったんですが・・・投稿した次の日、論旨が不明確なことに気づいて本文を訂正しました。お返事が遅れて失礼しました。ブクマ&コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
 
 
 

斎藤環「引きこもりはなぜ『治る』のか?」の読書メモ。あとラカン的〈他者〉の欲望と「エロマンガ先生」について。

 

ひきこもりはなぜ「治る」のか?―精神分析的アプローチ (ちくま文庫)

ひきこもりはなぜ「治る」のか?―精神分析的アプローチ (ちくま文庫)

 

 

本書は引きこもりの臨床という極めて限定した領域を扱った本と見せかけて、普通の対人関係においても活用できることが多く書かれており、実用書的な価値も高いです。
 
また具体的な臨床実践を通じた精神分析理論のガイダンス本としても読めるので、精神分析って興味あるけどなんか敷居が高そうだし・・・と思っている人にもオススメです。
 

欲望とは〈他者〉の欲望である

 
フランスの精神分析家、ジャック=ラカンは「欲望とは〈他者〉の欲望である」と言います。つまり、人の欲望というのは自然発生的に湧いてくるわけではなく、「他人からもらうもの」だということです。
 
例えば、なぜ皆がiPhoneの最新機種を欲しいと思うのかというと、それを皆が欲しがっているからであり、なぜ誰も路傍に打ち捨てられたゴミを欲しいと思わないのかというと、それを誰も欲しがっていないからでしょう。要するにそれを他の誰かが欲しがっているから自分もほしいと思う、ということです。
 
 
難解奇怪な理論でおなじみのラカンですが、その治療方針は普通にシンプルでして、ひとまず目指すのはクライエントの「欲望の活性化(弁証法化)」にあります。
 
ラカン的な見方で言うと、引きこもりとは本人の「〜がしたい」という欲望が停滞・固着している状態に他なりません。
 
なので、引きこもりの場合、本人に欲望を持ってほしいのであれば、家族が率先して〈他者〉として欲望を表明することが大事になってくるわけです。
 
 
ただ実際にね、このあたりの機微はけっこう難しいとは思うんですよ。けど例えば、先日、最終回を迎えた「エロマンガ先生」というアニメでは、ラノベ作家である主人公が、相棒のイラストレーターでもある引きこもりの義妹に対して「学校に行った方がいい」などという常識的な事は決して口にしない代わりに「俺の夢は妹と一緒に世界一の妹ラノベを作り、そのアニメを一緒に妹と居間で見ることだ」という常人からすれば斜め上の「〈他者〉の欲望」を宣言しちゃったりしてるんですけど、これはある意味、まさに典型的なラカン的事例ともいえるでしょう。
 

 

 

「共感力」と精神分析理論

 
あとね、多分、精神分析理論というのは精神科医やカウンセラー、哲学者、批評家といった一部の専門家ものではないと思うんですよ。
 
プライベートな人間関係はもちろん、教育、福祉、営業といったあらゆる領域において「共感力」が重視される昨今です。そこに精神分析理論を参照することで、相手の一見不可解な言動の中にもある種の「物語」を見出すことが可能となりますから、そういった共感のキャパシティって確実に深く広がると、そう思うんですよね。
 

買ってきたちいさなももこVS育てたちいさなももこ

f:id:kagurakanon:20170629232422j:image
f:id:kagurakanon:20170629232451j:image
 
 
ちいさなももこの1番果を収穫したので、普通に買ってきたやつと食べ比べてみました。
 
左が買ってきたももこ。右が育てたももこ。大きさはほぼ互角。やっぱりトマト専用の土を使ったからか、育ちがいいです。
 
 
プロトリーフ KAGOME かる?いトマトの土 20L

プロトリーフ KAGOME かる?いトマトの土 20L

 

 

 
で、食べた感想。買ってきた方は完熟でわりと甘いですけど、どうしても収穫からある程度時間が経ってるのでぷよぷよした食感です。
 
育てた方は熟したてでそこまで甘くはないけど、食感がシャキッとしてて、本当に瑞々しいです。
 
ある意味、こういう「熟れたて」の状態のものを食べられるのは、トマト栽培ならではの特権ですよね。
 
ちなみに、ちいさなももこという品種自体、糖度5.8%とトマトの中ではそこまで甘い方ではないようです。
 
 
ところで、トマトというのは着果から熟するまでは約1ヶ月くらいかかるんですけど、一旦、熟れ始めるとめちゃめちゃ早いです。2日間でもうこんなに、あっというまに赤くなります( ゚д゚ )
 
f:id:kagurakanon:20170629232523j:image
 
鳥害対策として、三角コーナーのネットを洗濯ばさみで止めるのがお手軽です。
 
f:id:kagurakanon:20170629232545j:image
 
トマトが赤くなるというのはリコピンの作用なんですけど、これはトマチンという毒が抜けたサインなんですよ。
 
なんかこないだちょっとだけ話題になってましたね。一応、完熟でも理論上、1日4トン食べると人間も死ぬそうです。
 
 
実はこれってトマトの生存戦略なんですよ。
 
内部の種が育ってないうちは、鳥に食べられないよう、トマチンで身を守り、やがて内部の種が育ってきたら、トマチンの毒を消すと同時に実を真っ赤にして「私を食べて!」とアピールに転じ、鳥に自分の種をいろんなところにばらまくためのアッシー君になってもらうわけです。
 
 
こう言ったらなんですが、なんというかトマトって・・・あんなに可憐で清楚な外面をしてて、考えていることはとても腹黒い子なんですね。
 
元トマト研究者・農家だった僕がぜひ教えたいトマトの10の効果

元トマト研究者・農家だった僕がぜひ教えたいトマトの10の効果

 

 

 
 

集中力のハーブ、ローズマリーを育ててみましょう

f:id:kagurakanon:20170623202446j:image

 

集中力を高めるハーブとして有名なローズマリー。血行を促して代謝を高めたり、抗酸化作用も期待されます。また軽い抑うつ症状を和らげる精神安定効果も。花言葉は「記憶」「思い出」。
 
なかなか魅力的な薬効を持っているマリア様のバラですが、スパイスやハーブとして買う場合、普通の緑茶とかと比べれば、いいお値段になるので、自分で育てることにしました。
 
植物としてのローズマリー多年草、というか常緑性の木で、2mくらいまで茎が真っ直ぐ伸びる「立性」の品種と地面を這うように横に広がる「ほふく性」の品種があります。
 
栽培に関しては基本放置でいいみたい。水は鉢の土が乾燥して数日たってから、鉢底から流れ出るくらいたっぷりと。葉っぱに水をかけ無いように。
 
肥料は春と秋に液体肥料を10日に1回ほど与える程度。化成肥料に弱いようです。
 
乾燥に強い反面、過湿に弱い。できれば軒下など雨が当たらない場所で管理する方がいいみたい。
 
ローズマリーは根から他の植物の生育を阻害する「アレロパシー」という成分を出しているので、あんまり同じプランターで他の植物との混ぜ植えはしないほうがいいんでしょうね。あとプランターの場合、根がどんどん成長して鉢の中でパンパンになるので1~2年で植え替えが必要。
 
茎が15cm以上育ってきたら収穫どき。まだ10cmくらいなので育つのが待ち遠しいですね。ローズマリーの独特の匂いは脳を刺激するので、煎じて飲むのは朝がオススメ。ペパーミントやレモンバームなどが相性の良い組み合わせ。紅茶やコーヒーの風味付けにも良いです。
 
 
 
 
 

トマトがうどん粉病にかかった時の対処策

 
 
 

f:id:kagurakanon:20170607170709j:plain

 
 
 
第一花房に引き続き、第二花房にも着果と、順調にきていたうちのトマト達ですが、ここにきてトラブルが発生。
 
 
中玉トマトに家庭菜園の天敵、うどんこ病の初期初期症状が(;゚Д゚)
 
 

f:id:kagurakanon:20170613160835j:plain

 

葉っぱに白い斑点がぽつぽつ出来始め、そのうち葉全体が白くなり、そのまま放っておくと葉の光合成が妨げられあっという間に枯れる例のアレです。そのうち、ミニトマトの「ちいさなももこ」の方にも移りそうで怖い。
 
 
こいつらには昨年、成長盛りのキュウリをあっという間に葬られたトラウマがありますので今年は早めに対策をうちます。
 
今度こそ駆逐してやる
 
とりあえず症状のひどい葉っぱはばっさり削除。
 

f:id:kagurakanon:20170613160957j:plain

 
この場合、ちぎった葉っぱ必ず完全に破棄しないといけません。その辺にそのまま放置していたら、枯れ葉についた胞子が風などで飛んでしまって結局、感染が広がってしまいます。
 
酢や重曹を希釈したもの散布するのが効果的
 
この際、やっぱり何か農薬的なものを使ったほうがいいのかいろいろ検討しましたが、軽症の場合、酢を水で薄めたものや重曹を散布すると症状が消える事があるとのことなので、ホームセンターで買ってきた「やさお酢」というやつを散布。
 

f:id:kagurakanon:20170613160855j:plain

 

 

アース製薬 アースガーデン やさお酢 1000ml

アース製薬 アースガーデン やさお酢 1000ml

 

 

紹介ページによれば「あらゆる植物にいつでも使用できます。お酢100%の食品成分だから、収穫直前まで使えます。薬剤が気になる方にもおすすめ。」「お酢には植物が育つための栄養素が含まれているため、病害虫から植物を守るだけでなく、元気に育てることができます。」とあります。
 
けど基本、酢なので臭いがすごい・・・ご近所迷惑にならなければいいんですが(´・ω・`)
 
とりあえず経緯を見守るしかないですね。