かぐらかのん。

日々のくらしのメモ帳です\(^o^)/

人見ルミ「心を整えるマインドフルネスCDブック」

 

心を整えるマインドフルネスCDブック

心を整えるマインドフルネスCDブック

 

 

集中力の向上、不安やイライラの解消、不眠対策など汎用的に使えるということで。前から興味あったマインドフルネスの本を読んでみました。この本は薄くて文章も平易であっさり読めて、しかもCDもついて値段1296円とお手ごろ。本書に書いてあることが全てではないとは思いますが、ざっくりイメージは掴めるでしょう。
 
ネットのヘルスケア記事なんか見てると、マインドフルネス=瞑想というイメージですが、マインドフルネスというのは特定の技法ではなく「穏やかでいながら注意深く集中している」という「心の状態」を言います。
 
本書を読んだ限り、おおきなポイントは二つあるようです。
 
まず、「いま、ここ」の瞬間を意識するということ。変えられない過去でも見えない未来に思い煩うのではなく現在の「いまこの瞬間」に集中するということ。
 
これは時間の流れを人生を過去から未来への「線」というキーネーシス的にではなく「いま、ここ」という「点の連続」という風にエネルゲイア的にとらえるというイメージ。
 
そして、現在の考え方をあるがままに客観的に善悪の判断を入れずに受け入れるということ。
 
鍵は「客観的」ということ。一歩下がって心のあり方をありのままに俯瞰する。「ああ、こいつめっちゃイライラしているな」「こいつ劣等コンプレックス丸出しだな」とあたかも第三者のように冷静に観察するというイメージ。
 
まあ、こんな風に言葉でいうと簡単ですが、自分で実践するとなると、これはなかなか難しい・・・まさしく明鏡止水の境地。
 
なので日頃から瞑想などを通じて訓練することが大事なんでしょう。
 
本書で推奨しているのはヨガ→呼吸法→瞑想の順番。これを習慣づけるとやがて心身ともにマインドフルな状態になるらしい。まあ、ヨガや瞑想は何種類かあって覚えるのも大変だし、いきなりこれをフルコースでやるのは難しいかも・・・まずは簡単なストレッチと呼吸法、基本の瞑想を楽な姿勢でできるところまで、実践してみようかと。
 
特に呼吸法はどこでもできますからね。感情と呼吸はリンクしているそうです。本書に書いてある以外にも色々方法はあるので、自分に合ったものを探してみればいいと思います。
 
ところで、瞑想というのは「無意識」を浮かび上がらせるという点では精神分析自由連想法と同じ発想のような気がするんですよね。精神分析の立場では、神経症の症状を「無意識に抑圧された願望の代理満足」と理解します。自由連想法というのは、患者は寝椅子に横たわってリラックスした状態で心に思い浮かんだ言葉を取捨選択せず、そのまま分析家に告白していく。こういう作業をやることで無意識に抑圧されていたものが意識まで浮かび上がり、神経症の症状は解消されるとされるんですよね。
 
けど、これはわりとカトリック文化圏における「懺悔」に近い感覚だと思うんですよ。そういう習慣のない日本で無意識にアプローチしようと思えば自由連想法よりも瞑想の方が馴染みやすいかもしれないです。
 
言うなれば「ひとり自由連想法」。もちろん分析家のガイドがある精神分析と違って自分でやるマインドフルネスは、そこまで簡単に無意識の深いところまでは潜り込めないでしょう。それでも日常的なストレス因子の解消にはなるでしょうから、是非実践して習慣付けたいですね。
 
 

無限こまツナで小松菜大量消費\(^o^)/

f:id:kagurakanon:20170219013438j:image
 
ウサギみたいな愛嬌のある葉っぱ。ほどよい苦味。ほうれん草と同じく鉄分豊富。それにカルシウム含有量は野菜の中ではケールに次いで豊富な小松菜。いまが旬ですね。
 
そういうわけで無限ピーマンのバリエとして無限こまツナを作って見ました。
 
ごはんにもお酒にも相性抜群で、あっという間に大量の小松菜を食べられますΣ(゚∀゚ノ)ノ
 
・小松菜・・・2〜3本
 
・ツナ缶・・・1缶
 
・ごま油・・・大匙1
 
・鶏ガラスープの素・・・小匙1
 
・塩胡椒・すりごま・・・適量
 
作り方は無限ピーマンと基本一緒。1センチくらいに刻んだ小松菜の上に調味料を全部載せて、ランプをかけてレンジ2分。小松菜はアク抜きをしないでいいから便利ですね。あとは混ぜて出来上がりです\(^o^)/
 
 

ドラマ版「嫌われる勇気」がアドラー心理学会から明確に否定された件

 
  
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

抗議文は「放映の中止か、あるいは脚本の大幅な見直しをお願いしたいと思っております 」と結ばれており、まさにドラマ版主人公の庵堂蘭子の決め台詞である「明確に否定します」と言わんばかりです。
 
この抗議は極めて正当だと思います。ドラマ版はキャストの誰某の演技が大根だとか、事件解決にアドラー心理学がまったく絡んでいないとか、巷ではそういうところでも辛辣に批判されているみたいですが、アドラー心理学という観点からの本質的な批判はもっと別のところにあります。
 
それは抗議文にあるように、現状、ドラマ版においては、アドラー心理学の生命線ともいえるべき概念である「共同体感覚」「勇気づけ」の視点が完全に欠落している点に他なりません。
 
アドラー心理学において、神経症や問題行動などは「劣等コンプレックス」という自分のパーソナリティ(ライフスタイル)を正当化する目的から行われるものであるという理解をとります(目的論)。そして、「劣等コンプレックス」は対人関係を「縦の関係」すなわち支配、評価の関係として捉えることから生じていると考える(全ての悩みは対人関係の悩みである)。
 
そこで、アドラーは対人関係を「縦の関係」ではなく、尊敬、感謝の関係である「横の関係」で捉えるライフスタイルを提唱します。これが「共同体感覚」です。
 
アドラー心理学の目標はこの「共同体感覚」の涵養であり、そのための実践として、まず、自他の課題を分離した上で、自他を勇気付ける営みが推奨されています。
 
まずは自分を勇気付ける。そして他者を勇気付ける。勇気づけとは、基本言葉は「ありがとう」「嬉しいです」「助かりました」とあるように端的に言えば「尊敬、感謝の表明」です。「共同体感覚」とはこうした「横の関係」の実践の積み重ねに他なりません。
 
思うに、ドラマ版には今まで見た限りでは、「課題の分離」のうち「他者の課題に踏み込まない」という面ばかりが強調され「他者を勇気付ける」という視点が欠如しているように思うんですね。
 
はっきり言えば「他者の課題に踏み込まない」だけでは自分の殻に閉じこもっている人と何ら変わらないです。アドラー心理学の理論と実践の上でこれは片手落ちの話ではないんですよ。アドラーの普及団体としてはこういうものがアドラー心理学だと誤解されては困りますし、苦情の一つも言いたくなるところなのは当然だと思います。
 
こちらの方で詳しく書いてみました↓
 
 
 
 
 
 

光岡知足「腸を鍛える-腸内細菌と腸内フローラ」〜いま注目の腸内フローラを世界的権威がやさしく解説

 

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)

腸を鍛える――腸内細菌と腸内フローラ (祥伝社新書)

 
 
本書の著者、光岡知足先生はあの「善玉菌・悪玉菌」の名付け親として知られる腸内フローラの世界的権威です。腸内フローラ(腸内細菌叢)っていう言葉はきっとどこかで聞いたことがあるでしょう。腸内における善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスのことを言います。フローラとはラテン語で「お花畑」という意味で、細菌たちがグループごとにより集まっている様相からそう呼ばれています。理想的なのはだいたい善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割っていう住み分けだそうです。
 
腸内フローラの改善は単に「お腹の調子を整える」だけにとどまりません。腸内フローラは風邪やインフルエンザといった身近なところから、血糖、血圧、がん細胞、さらにはセロトニンメラトニン、女性ホルモンに至る様々なところに関わっています。
 
人の腸内には数にして100兆個以上、重量にして1㎏以上の腸内細菌が住んでいるのですから、もはや、体の中に別の生き物がいるといっていいレベル。腸内フローラを無視したヘルスケアなんてものはあり得ないと言ってもいいんじゃないでしょうか。
 
さて。腸内フローラを改善するにあたっては、プロバイオティックス、プレバイオティックス、バイオジェニックスという、3つのアプローチがあります。
 
まず、プロバイオティクス。毎日、ヨーグルトなどから外部乳酸菌を継続して摂取するアプローチです。世間でよく言われる「生きた乳酸菌を腸に届ける」というのがまさにこれであり、確かに基本中の基本ではありもちろん間違ってはいません。
 
ただ、外部乳酸菌が生きたまま無事、腸に辿り着いたとしても、多くは定住しないんですよ。腸の中にいる間は常在善玉菌と一緒に頑張ってくれるんですけど、悲しいかな結局はヨソ者。数日程度で体外に排出されるといわれています。
 
なので外部乳酸菌の摂取と同じくらいに、常在善玉菌を育てることも大事ということになります。そこで善玉菌のエサとなるオリゴ糖や水溶性食物繊維も積極的に摂取していく。これがプレバイオティックスです。なおプロバイオティックスとプレバイオティックスの併用をシンバイオティックスともいいます。
 
プロ野球で言えば、FAや助っ人外国人で補強しつつ、生え抜きも着実に育成するという感じでしょうか。
 
そして、最近では、生きた乳酸菌にこだわらず、死んだ菌を含む大量の菌体成分や代謝物を摂取したほうが、腸管免疫の活性の上では合理的であるいう考え方が有力になっています。これがバイオジェニックスです。
 
とりあえず、「上澄みだけかっさらう」という感じ、といえば聞こえが悪いですけど、腸内フローラの機能自体が低下しているお年寄りの方などには一番てっとりばやい方法ともいえるでしょう。
 
例えば、巷でインフルエンザに効果があると評判の明治のR-1ヨーグルトは、R-1乳酸菌(Lactobacillus delbruecki subsp. bulgaricus OLL1073R-1)そのものというよりR-1乳酸菌が代謝したEPS(細胞外多糖)にナチュラルキラー細胞を活性化する免疫賦活作用が期待されています。その意味ではバイオジェニックス的なヨーグルトと言えます。
 

 

バイオジェニックスのメリットは、死菌のため品質が安定しており管理がしやすく、一度に文字通り桁違いの莫大な菌数を摂取することができ、かつ応用範囲が広いという点にあります。今後、様々な商品開発が期待されるところです。
 
光岡先生はバイオジェニックス理論の提唱者でもあり、記述の信頼性は抜群です。特に腸管免疫の仕組みに関しては最新の知見を交え、かなり詳細に解説されています。文章も大変わかりやすく、腸内フローラに少しでも興味があれば読んで得るものは決して少なくないでしょう。
 

豚肉としめじのあごだしスープ

f:id:kagurakanon:20170201204121j:image

f:id:kagurakanon:20170201204127j:image

少ない種類の具材で簡単にできる温活レシピを考えてみました。豚肉とあごだしは意外と合います!豚肉のペアの具材はしめじの他、もやしや玉ねぎでも良いでしょうね( ´ ▽ ` )
 
・豚肉・・・すきなだけ
 
・しめじ・・・すきなだけ
 
・酒・・・大匙1
 
・生姜・・・2〜3センチ
 
・水・・・500ml
 
・あごだし・・・4g(2分の1袋)
 
・醤油・・・大匙1
 
・ごま油・・・大匙0.5
 
 
①豚肉に酒を回しかけて生姜を加え軽く炒める。
 
②軽く焼き色がついてきたら、しめじを投入し塩胡椒。
 
③しんなりしてきたら、そのまま水500mlを入れて沸騰させる。
 
④でてきた灰汁をある程度取り終わったら、あご出汁と醤油を加え、一煮立ち。
 
⑤仕上げにごま油を回しかける。
 
⑥薬味をのせてできあがり\(^o^)/
 
以下、アレンジバリエ。
 
豚しめじのっけご飯。余ってもお弁当のおかずに早変わりなのです⸜( ´ ꒳ ` )⸝♡︎
 

f:id:kagurakanon:20170201204133j:image

 

こってり生姜焼き風に。

f:id:kagurakanon:20170209224829j:image

 

あるいは卵とじ。

f:id:kagurakanon:20170209224845j:image

「思わずに」言ってしまった言葉こそが人の感情を揺さぶる

 精神分析における「ディクールとパロール」「根源的幻想の横断」というめんどくさいテーマについて「響け!ユーフォニアム2」の第10話を題材とした文章を書いてみました。

 

パロール・ディスクール・ユーフォニアム!: かぐらかのん

 

ラカン的に言えば「言葉」って「象徴的なもの」になるんですが、人の感情を揺さぶる言葉というのは多分すごく限りなく「現実的なもの」に近づいていると思うんですよね。

 

お暇な方は、何卒、読んであげてくださいませ\(^o^)/

 

 

河合隼雄「無意識の構造」〜アドラー心理学に馴染めない方にお勧めしたいユング心理学の不思議な世界

 

無意識の構造 (中公新書 (481))

無意識の構造 (中公新書 (481))

 

 

再読です。このところずっとラカンばっかり読んでたけど、久しぶりに原点回帰というか、河合隼雄先生の本が読みたくなって、久しぶりに本棚から引っ張り出してきました。
 
河合隼雄先生っていうと、なんか、面白エッセイストとか、あるいは文化庁長官をやってた人とか高松塚古墳の件で吊るし上げられた人とか、そういう印象を思い浮かべる方も多いでしょうけれど、そもそもは日本屈指のユング心理学の専門家です。
 
本書はもう何十年も前の本ですが、ユング心理学の導入本として本書を超える本は未だ無いでしょう。難解極まりないことで知られるユングの理論体系が簡明にまとめ上げられています(河合先生は文字通りの「ユング心理学入門」という概説書も書かれていますけど、いきなりこれを読むのは無謀だと思います)。
 
この本はアドラー心理学に馴染めない人にこそお勧めしたいんですよね。心理療法の本って自分自身との「相性」が割と大事だと思うんですよ。
 
アドラーの心理学って、心が健全な人がさらに成長するための処方箋として絶大な威力を発揮するんだろう、とは思うんですけど、心がもうどうしようもなく病んでいる人の場合は、結構相性が悪い気がするんですよ。
 
アドラーの理論は、諸々の悩みを「個人全体のライフスタイルの歪み」という「自分自身の問題」へ帰属させるので、例えば気分変調性障害のように、ただでさえ自罰的なライフスタイルを持っている人にとっては、もうどこにも逃げ場がないんですよね。
 
この点、ユングは、人の心を意識・個人的無意識・集合的無意識の三層に分け、意識の主体である「自我」と異なる「別の人格」が無意識の中に存在するとします。
 
従って、諸々の悩みは「自我とは別の人格」が外界に投影あれることで引き起こされる問題であり、「自我」=「自分自身の問題」としては帰責されないということです。
 
なので、ひとまずは「逃げる」ことができるんですよ。
 
「逃げる」っていうとなんか語弊があるんですけど、本当に人がギリギリまで追い詰められた時、逃避できる場所があるのってすごく大事だと思うんですよ。ユング心理学の根幹にある「相補性」や「共時性」といった考え方に救われる方はきっと多いはずです。
 
これは逆にアドラー心理学をある程度極めたと自負される方にとっても得るものは多いということです。ユング独特の専門用語は一見、胡散臭いですけど、よくよく内容を読み解いていけば、わりと普遍的なことを言っていて、アドラーに通じるものがかなりあるんですよね。御自身の考えをより深める良い刺激になるかと思われます。
 
この本を読んで、ユングの理論、あるいは河合先生の文章と相性がいいなって思ったら、次は「コンプレックス」や「影の現象学」なども読んでみるのがいいでしょうね。
 
コンプレックス (岩波新書)

コンプレックス (岩波新書)

 

 

影の現象学 (講談社学術文庫)

影の現象学 (講談社学術文庫)