かぐらかのん

心理学関連書籍、ビジネス書、文芸書の書評などを書いていきます。

雑文

再起動するセカイ〜「イリヤの空、UFOの夏」から考える。

イリヤの空、UFOの夏 その1 (電撃文庫) 作者: 秋山瑞人 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2014/03/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る * 「セカイ系」なるもの 新海誠監督の最新作「天気の子」の公開を機に最近再びそこらかしこで…

動物・不可能・拡張現実

社会学入門 人間と社会の未来 (岩波新書) 作者: 見田宗介 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2014/12/18 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る * 「現実」と「反現実」 個人が「私は私である」「私はここにいる」という生のリアリティを獲得する…

消費と情報の彼方、コンサマトリーな生、瑞やかな歓び。

現代社会の理論?情報化・消費化社会の現在と未来 (岩波新書) 作者: 見田宗介 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/08/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る * 「見はるかす」ということ 20世紀を代表するアメリカの神学者、ラインホールド…

「ここではない、どこか」から「いま、ここ」へ

人はその想像力をもって世界を照らし出し、自分なりの物語を創り出すことによって「私は私である」「私はここにいる」という生のリアリティを獲得します。 すなわち、人が生きていく上でどういった想像力を参照するかは大きな問題です。では、現代を生きるた…