かぐらかのん

心理学関連書籍、ビジネス書、文芸書の書評などを書いていきます。

高菜とあごだしで和風ペペロンチーノ

 f:id:kagurakanon:20171130215150j:image
 
最近よく作るピリ辛パスタのメモ書きです。私は辛いのが大好きな人なので唐辛子も高菜もつい気持ち多めに入れてしまいますが、辛いのが苦手な方はやや控えめにしてみたほうがいいかもしれませんね。
 
今年はどういうわけかあごだしが流行っているみたいですけど、別にほんだしとか昆布だしでもいいと思います\(^o^)/
 
ペペロンチーノといえば、茹で塩、乳化、火加減が3大ポイントですね。   茹で塩の比率は周知の通り百家争鳴の議論が華々しいですが、要するに、これは麺の食感と下味のバランスをどう取るかの問題でして、塩分は水に対してだいたい1.5%から2%の間でお好みで調整すれば良いでしょう。2Lの水に対して1.5%とはだいたい30g(大さじ2)です。
 
乳化については、茹で汁は少しづつ入れて、あとはフライパンをソースがどろっとするまでひたすら揺り回す。火加減は基本弱火で、乳化後は基本止めて必要に応じて加熱します。  
 
パスタは水気を切りすぎず、ソースに空気を含ませるようにさっと和える感覚でやれば上手に仕上がるのではないでしょうか。
 
 
【材料】
 
・パスタ・・・200g
 
・水・・・2L   ・塩・・・30gを基本としてお好みで調整
 
・オリーブオイル・・・大さじ3
 
・にんにく・・・ふたかけ
 
・唐辛子・・・小さじ2
 
・茹で汁・・・60ml
 
・和風だしの素・・・小さじ2
 
・高菜・・・好きなだけ
 
【工程】
 
①鍋に水を張り塩を投入しお湯を沸かす。
 
②パスタを規定時間-1分、茹でる。
 
③冷えたフライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、フライパンを傾けて弱火でじっくり香りを出す。
 
④唐辛子を入れ、少しだけ弱火で炙ったら火を止めて、パスタの茹で汁に出汁の素を加えたものを入れたあと20回ほど揺り回し、高菜を入れ、再度弱火でちょっとだけ加熱。
 
⑤茹でたパスタをフライパンに入れて混ぜ合わせ、出来上がりです。