かぐらかのん

日々のくらしのメモ帳です\(^o^)/

冷製パスタの簡単レシピメモ

f:id:kagurakanon:20170718232709j:image
レジスタントスターチというものをご存知でしょうか?
 
レジスタント」=「消化されない」、「スターチ」=「でんぷん」で「難消化性でんぷん」のこと。
 
ご飯や麺類のでんぷんが冷えると一部がこのレジスタントスターチというものに変化します。
 
これは食物繊維の一種で不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の特性をあわせ持っています。
 
多糖類であるでんぷんは通常、小腸で単糖類のブドウ糖に分解されて吸収され、血糖値を上昇させますが、レジスタントスターチは酵素分解されにくく、血糖値の上昇を抑制します。
 
そして消化されずに大腸までたどり着いたレジスタントスターチは善玉菌のエサとなり腸内フローラ安定に役立つとのこと。なんだかいいことづくめですね。
 
そういうわけで、最近は冷製パスタの味付けを研究中。めんつゆ、ポン酢、マジックソルトなど、色々と試行錯誤しています。
 
参考までに、柚子胡椒冷製パスタの簡単レシピメモです。
 
 
材料
 
・パスタ・・・100g
 
・☆オリーブオイル・・・大さじ1
 
・☆お酢・・・大さじ1
 
・☆昆布だしの素・・・小さじ1
 
・☆柚子胡椒・・・小さじ1〜2
 
・ツナ水煮缶・・・0.5缶
 
ミニトマト・・・4個くらい
 
・オクラや大葉などをお好みで。
 
作り方
 
①お湯を沸かし、塩を適量入れて、パスタを茹でる。塩は1Lの水につき10gが目安。
 
②その間にトマトや野菜を切る。
 
③パスタをザルか何かに引き上げる。水気は切りすぎない。
 
④☆とトマトとツナと野菜を混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やして出来上がり\(^o^)/