読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かぐらかのん。

日々のくらしのメモ帳です\(^o^)/

三州屋鳥豆腐風カンタン水炊き\(^o^)/

f:id:kagurakanon:20170425001724j:image
水炊きってもっとたくさん具材を入れないと、っていう固定観念があったんですけど、鶏肉と豆腐と春菊だけでも結構、成立するんですね。
 
参考にしたレシピはこちら。
 
 
「三州屋」っていう有名な割烹居酒屋の看板メニュー「鳥豆腐」を再現したレシピだそう。
 


「三州屋」といえば、なんといっても「鳥豆腐(とりどうふ)」(450円)。

 ざっくりと言うと、鶏の水炊き1人前を、丼鉢によそって出してくれたようなもの。

 これをミニ小鉢で出してくれるポン酢醤油(+もみじおろし)につけていただく。

 食べ方もまさに水炊きそのものである。

 しかしその具材は、鶏もも肉と豆腐、そして春菊の3点のみと、とてもシンプル。

 逆に、シンプルだからこそうまいんだろうなあ。

 

 
で、上のレシピ通り作ると、1時間煮込んで一晩寝かせてスープを入れ替えてと・・・かなり時間がかかるので、簡略化してみました。ちゃんと作りたければレシピ通りに作りましょうヾ(゚д゚;) 
 
材料
 
・鶏もも肉(むね肉との抱き合わせでもOK)・・・200gくらい
 
・豆腐(木綿でも絹でも)・・・一丁
 
・春菊・・・2把くらい
 
・鶏ガラスープ・・・小さじ4くらい(あるいは味覇13センチくらい)
 
・水・・・500ml
 
・醤油・・・小さじ1〜お好み
 
・塩胡椒・・・適量
 
作り方
 
①鍋に水を張り、鶏ガラスープと鶏肉を入れ、アクをとりつつ煮込みます。その間に豆腐を切っておきます(大き目がオススメ)。
 
②煮立ったら豆腐を入れて、さらに10分程度煮込む。お好みで醤油、塩こしょうなどを加え味を整える。
 
③春菊は3〜5センチくらいに切って、ボウルに入れラップをかけて、500Wレンジで2分チン。食べるときに合わせます。
 
どっさり作ってその日食べる分だけ取り分けて、残りは1日冷蔵庫で寝かしておくと良いかも。
 
お弁当にもΣ(゚∀゚ノ)ノ
 
f:id:kagurakanon:20170425001842j:image
 
残ったスープには鶏のエキスが濃厚に凝縮されているので、私は味噌汁にしたり、とり丼にしたりと、色々使いまわしています\(^o^)/
 
f:id:kagurakanon:20170425001754j:image
 
いちばん使える鶏肉料理の便利帳 (タツミムック)

いちばん使える鶏肉料理の便利帳 (タツミムック)