かぐらかのん

心理学関連書籍、ビジネス書、文芸書の書評などを書いていきます。

「フロイト入門(中山元)」を読む。いまだにフロイトが読まれるべき理由。

フロイト入門 (筑摩選書) 作者: 中山元 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/05/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る * なぜいまフロイトなのか? 我々は自らを理性ある存在として「我思う、故に我あり」とデカルト的に自分自身を理解す…

「保健、医療、福祉、教育にいかす簡易型認知行動療法実践マニュアル(大野裕)」を読む。「認知行動療法=ポジティブ思考」という誤解。

保健、医療、福祉、教育にいかす 簡易型認知行動療法実践マニュアル (きずな出版) 作者: 大野裕,田中克俊 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2017/02/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る * 簡易型認知行動療法というアプローチ 保健、医療…

個人的に響いた禅語10選

人生をシンプルにする 禅の言葉 (だいわ文庫) 作者: 枡野俊明 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2015/04/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 周囲の状況に振り回されないためにも、自分のあり方をしっかりと持っておく事はとても大事な事で…

「対人関係療法でなおす社交不安障害(水島広子)」を読む。日々変わりゆく「役割の変化」に気づき、乗り越えるということ。

対人関係療法でなおす 社交不安障害 自分の中の「社会恐怖」とどう向き合うか 作者: 水島広子 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2015/04/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 本書は社交不安障害に特化した対人関係療法ガイドです。対人関係療…

「発達障害(岩波明)」を読む。「自閉症」と「自閉症スペクトラム障害」の違い。発達障害における「個性」と「特異性」。

発達障害 (文春新書) 作者: 岩波 明 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/03/17 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る * 「自閉症=自閉症スペクトラム障害」か? 発達障害の理解を困難にしている理由の一つにその概念のわかりにくさがありま…

「『今、ここ』に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする『マインドフルネス』入門」を読む。何気ない日常を輝きに満ちたものに変える53の習慣。

「今、ここ」に意識を集中する練習 心を強く、やわらかくする「マインドフルネス」入門 作者: ジャン・チョーズン・ベイズ 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2017/09/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 結構、誤解されている向きも…

「美しい人をつくる『所作』の基本(升野俊明)」を読む。「心を整える」には、まず「形を整える」。

bookmeter.com 禅が教えてくれる美しい人をつくる「所作」の基本 感想 枡野 俊明 - 読書メーター 「心穏やかに生きる」。これほど言うは易く行うは難き事もそうないでしょう。我々はいつも周りの状況に振り回され、様々なものに囚われて、怒ったりイライラし…

「医者が教える食事術(牧田善二)」を読む。老化の原因「AGE」とは何か?糖質制限の誤解とは?

bookmeter.com 医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68 感想 牧田 善二 - 読書メーター 副題に「最強の教科書」と銘打っているように、そろそろ、健康診断の数値が気にはなり出したが、食生活のどこから改善すればい…

「自分でできる対人関係療法(水島広子)」を読む。伝える「内容」は妥協せず「伝え方」を最大限工夫する。

bookmeter.com 自分でできる対人関係療法 感想 水島 広子 - 読書メーター 対人関係療法(IPT:Interpaersonal Psychotherapy)とは、もともとは、うつ病の治療法として開発された経緯があり、その後、摂食障害や社交不安障害、PTSDなど様々な精神疾患に対す…

集中力が捗るちょっとした5つの習慣

休日にまとまった時間が取れ、課題を片付けようとか、資格試験の勉強をやろうとか意気込んで机に向かうものの、なんかあんまり集中できず、なんだかんだで他の事などやったりして、気がつくと全然捗らずに日が暮れる・・・実にありがちで残念な経験です。 人…

「疾風怒濤精神分析入門(片岡一竹)」を読む。ジャック・ラカン的生き方とは何か?

bookmeter.com 疾風怒濤精神分析入門:ジャック・ラカン的生き方のススメ 感想 片岡 一竹 - 読書メーター 衒学的な理論と独特な語り口で、精神分析のみならず現代思想の領域においてもカリスマ的人気を誇るジャック・ラカン。死後40年近く経った今でも、毎年…

オリーブオイルがグルコーススパイクを緩和するという話。

お昼ご飯をがっつり食べた後ってやたら眠たかったりしませんか?あの現象は血糖値と深い関係があります。 * 食後の睡魔と血糖値 グルコーススパイク、あるいは血糖値スパイクという言葉は聞いたことがあると思います。 血糖値を上げるのはひとえに糖質です…

「ネガティブな雑談」には「同感」ではなく「共感」で対応する。

誰かと話してて、その人から別の誰かの悪口を散々聴かされたあげくに「あなたもそう思うよねえ!?」などと、哀願に似たまなざしで同意を求められた経験ってありませんか?そういう時ってどうしてますか? 一緒になって悪口を言いますか?けど、あなた自身は…

「自信」を持ちたいのなら「自信の構造」を理解しましょう。

「自信」というのはなかなか悩ましい問題です。 「転職したいけど新しい職場でうまくやっていく自信がない」「空気を読む自信がなくてなかなか人の輪に入れない」「容姿に自信がなくて異性に話しかけられない」 「いつも自信満々なあの人が羨ましい」「自信…

リコピン吸収率を上げるかしこいトマトの味わい方

トマトの日本デビューはあんまりパッとしないものでした。日本には寛文年間頃に長崎に伝えられたとされますが、当時は日本人の味覚にあまり合わず、もっぱら観賞用だったそうです。 トマトが食卓に普及するきっかけは、カゴメ創業者である蟹江一太郎氏が大量…

聴き上手だと言われるための3ステップ

コミュニケーションが苦手な人ほど、他人と会話している時、なんだか気の利いた事を言わないといけないって思っていることが多いようです。 確かに「空気が読めて笑いが取れる人」っていうのは端から見てても羨ましいですよね。けど、本当に深い人間関係を築…

頼み事を快く引き受けてもらって、好感度まで上がる!そう「Iメッセージ」ならね。

普段、職場や家庭において、誰かに「お願い」をする機会は少なくないでしょう。どうせ頼まないといけないなら、できれば快く引き受けてほしいものです。 そこで「お願いの仕方」にちょっと気をつけて、一工夫してみるというのは如何でしょうか? *****…

逆境の時こそ、前向きな言葉を使いましょう。

最も有名な心理学理論の一つにレオン・フェスティンガーの提唱する認知的不協和理論というものがあります。人はそれまでの認識や信念(認知A)とは矛盾する出来事(認知B)を突きつけられた時、ストレス(不協和)を感じることから、そのどちらか一方の認知…

少ない具材でかんたん水炊き

水炊きというのは大勢でワイワイ食べるイメージがありますけど、作り置きおかずとしても超優秀。 スープの量を調整したり具材を適時組み合わせることで、朝食、おかず、お酒のお供など色々と使いまわせます。 そこで少ない具材で手間なく作れる水炊きレシピ…

集中力と低GI食品

GI値というのをご存知でしょうか?GI値とは、グリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、ある食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードをいいます。 主にダイエットやグルコーススパイク予防などで注目されるGI値ですが、実は「集中力」と…

「ていねいに生きること」と「生産性」

「置かれた場所で咲きなさい」著者である渡辺和子シスターはその著書の中で折に触れて「ていねいに生きること」の大切さを強調されています。 「あたりまえのこと」、時には「つまらないこと」を、心をこめて実行することの大切さが、最近、忘れられています…

「お世辞を言う」のではなく「賛嘆する」と考えてはいかがでしょうか?

ある心理学の実験によれば「発言のほとんどで、根拠のないお世辞を言いまくった場合」と「発言の一部に、根拠のあるお世辞を盛り込んだ場合」と、「全くお世辞を言わなかった場合」で、最も相手の好感度が高かったのは最初の「発言のほとんどで、根拠のない…

幸せのありかという享楽

幸せになりたいと思わない人は多分あんまりいないと思います。けれども、幸せとは何処にあるのでしょうか? たくさんお金があれば幸せなんでしょうか? 皆から尊敬される地位や愛される容姿があれば幸せなんでしょうか? あるいは、住む家と美味しいご飯があ…

「精神分析の四基本概念(ジャック・ラカン)」を読む。「欲望」と「享楽」の峻別と調和。

絶版本を紹介する事に一体いかほどの意味があるのかという疑念もありますが、これだけの名著が絶版のままというのはあまりにも惜しいわけです。従って、世の中に一つの需要を示すという意味で、こういう紹介文も一応の意味はあるかとは思います。 *****…

「カードキャプターさくら(CLAMP)」を読む。いろいろな「好き」の共生。「愛されたい」と「愛している」の違い。

「カードキャプターさくら」という作品はご存知でしょうか?1996年から2000年まで「なかよし」に連載され、本来の読者層である小中学生女子のみならず幅広い層を熱狂させ、その一世を風靡。その後も人気は全く衰える事が無いどころか、年を追うごとに着実に…

「こころの最終講義(河合隼雄)」を読む。自己実現という円環。「物語」の崩壊と再構築。

京都大学での最終講義を含む河合隼雄先生の講演集です。各講義はばらばらの機会にされたものですが、全体を通じて見ると「自己実現の過程における物語」と言うようなテーマに収斂しているように思えます。 まず、今や伝説とも称される京都大学退官記念講義「…

「愛することは許されること(渡辺和子)」を読む。「置かれた場所で咲きなさい」の著者による新訳聖書入門。

「私が私であるということ」。これを「アイデンティティ」と言いますが、何を持ってアイデンティティとするかは極めて難しい問題です。河合隼雄氏は米国の発達心理学者エリク・H・エリクソンの「個人として社会にコミットすること」というアイデンティティ概…

「『老いる』とはどういうことか(河合隼雄)」を読む。「自己実現」としての老い。

読売新聞でのコラム連載を基にした110編と免疫学の多田富雄氏との対談。河合先生のエッセイの中でも比較的短く、1編1分くらいで読めます。何気ない文章の随所に、ユング派分析家、あるいはカウンセラーとしての深い洞察が感じられます。 ****** カール…

高菜とあごだしで和風ペペロンチーノ

最近よく作るピリ辛パスタのメモ書きです。私は辛いのが大好きな人なので唐辛子も高菜もつい気持ち多めに入れてしまいますが、辛いのが苦手な方はやや控えめにしてみたほうがいいかもしれませんね。 今年はどういうわけかあごだしが流行っているみたいですけ…

「置かれた場所で咲きなさい(渡辺和子)」を読む。「愛されたい」から「愛してる」への生き方の転換。

昨年暮れに89歳で天寿を全うされた渡辺和子シスターの言わずと知れたベストセラーです。文章は論旨明晰。シンブルな言葉ながらその文体は凛としていて美しい。 渡辺和子さんという人は9歳だった昭和11年、あの二.二六事件において僅か1m先の眼前で陸軍大将だ…